「SSRI」と「SNRI」の解説

抗うつ薬の種類は、1999年以前以降に使われ始めた「SSRI」「SNRI」と、1999年以前によく使われていた「三環系抗うつ薬」「四環系抗うつ薬」にわけることが出来ます。

「SSRI」は「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」と言われます。

セロトニンという神経伝達物質が不足すると、うつ気分になると考えられています。

セロトニンというのは神経細胞から放出されているのですが、せっかく放出されても次の細胞に受け渡すことができず、放出した元の細胞に戻ってしまうことがあります。

そこで「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」を使用して、放出されたセロトニンが元の細胞に戻ってしまうことがないようにするのです。

するとセロトニンがきちんと次の神経細胞に取り込まれるようになるため、セロトニン濃度が適切な状態になるというものです。

「選択的」となっているのは、SSRIがセロトニンだけを選んでセロトニンだけに作用するという意味です。

神経伝達物質にはセロトニン以外にも様々な種類がありますが、セロトニンだけに作用するのが「SSRI」という抗うつ薬なのです。

「SNRI」は、「セロトニン、ノルアドレナリン再取り込み阻害薬」と言われます。

薬の理屈は「SSRI」と全く同じですが、「SNRI」はセロトニンだけではなくノルアドレナリンの再取り込みも阻害することにより、セロトニンとノルアドレナリンの濃度を高めようとする薬です。

「SNRI」は「SSRI」よりも新しく開発された薬です。

主な抗うつ薬の一般名と商品名

薬の種類:SSRI 一般名:パロキセチン 商品名:パキシル
薬の種類:SSRI 一般名:フルボキサミン 商品名:デプロメール、ルボックス
薬の種類:SSRI 一般名:ミルナシプラン 商品名:トレドミン
薬の種類:三環系 一般名:イミプラン 商品名:トフラニール、イミドール、クリテミン
薬の種類:三環系 一般名:アミトリプチリン 商品名:トリプタノール、アデプレス、ラントロン、ミケトリン
薬の種類:三環系 一般名:ノルトリプチリン 商品名:ノリトレン
薬の種類:三環系 一般名:クロミプラミン 商品名:アナフラニール
薬の種類:三環系 一般名:ロフェプラミン 商品名:アンプリット
薬の種類:三環系 一般名:アモキサピン 商品名:アモキサン
薬の種類:三環系 一般名:ドスレピン 商品名:プロチアデン
薬の種類:四環系 一般名:マプロチリン 商品名:ルジオミール
薬の種類:四環系 一般名:ミアンセリン 商品名:テトラミド
薬の種類:四環系 一般名:セチプチリン 商品名:テシプール
薬の種類:その他 一般名:トラゾドン 商品名:レスリン、デジレル
薬の種類:その他 一般名:スルピリド 商品名:ドグマチール、アビリット、ミラドール

「三環系抗うつ薬」と「四環系抗うつ薬」の解説

「三環系抗うつ薬」は、1950年代から使われているオーソドックスな抗うつ薬です。

三環系という名前は、薬の化学構造式の中に連なった3つの環状の構造を持っていることに由来します。

セロトニン、ノルアドレナリンの再取り込みを阻害して気分の落ち込みを改善する作用がありますが、他の脳内物質にも作用してしまうため、副作用が出るという欠点があります。

「四環系抗うつ薬」は1970年代以降から使われるようになり、4つの環状構造を持った薬のことです。

「四環系抗うつ薬」は「三環系抗うつ薬」よりも副作用が少なくてよいのですが、抗うつ効果はそれほど強くありません。

トラゾドンという抗うつ薬は、高齢者や他の病気を持っている人によく使われます。

スルピリドという抗うつ薬は、即効性が特徴です。

約1週間で効果は得られますが、抗うつ効果が弱いことが特徴です。軽症のうつ病には単独で使われることもあります。

スポンサードリンク

このページの先頭へ