うつ病に使われる薬の考え方

薬を処方する精神科医の、うつ病に対する考え方は、

「うつ病とは、神経伝達物質の働きの低下による中枢神経系の病気」

というものです。

そのため、神経伝達物質に働きかける薬を処方します。

うつ病に関係する神経伝達物質は「セロトニン」「ノルアドレナリン」と言われています。

そこで「セロトニン」「ノルアドレナリン」に働きかける抗うつ薬が、今の日本の主流となっています。

「セロトニン」「ノルアドレナリン」は、日常生活のやる気や幸福感に関係しているといわれ、これらの神経伝達物質が不足すると何事もやる気が出なくなってしまう、と考えられています。

「セロトニン」「ノルアドレナリン」に働きかける抗うつ薬としては、「SSRI」「SNRI」というものがあります。

「SSRI」「SNRI」は、1999年から日本で使われるようになりました。

1999年以前は「三環系抗うつ薬」「四環系抗うつ薬」というものが使用されていました。

「三環系抗うつ薬」「四環系抗うつ薬」は、広く中枢神経に作用するため効果はありますが、「SSRI」「SNRI」に比べると副作用が強く出る傾向にあります。

そのため現在の抗うつ薬は、「三環系抗うつ薬」「四環系抗うつ薬」よりも副作用の少ない「SSRI」「SNRI」が主流となっています。

抗うつ薬以外に処方されるうつ病の薬

うつ病と診断されても、症状によっては抗うつ薬以外の薬として、次のような薬が処方されることがあります。

「抗精神薬」(ドーパミンを抑えて、落ち着かせる)
「抗不安薬」(ノルアドレナリンやドーパミンを抑えて、落ち着かせる)
「抗パーキンソン病薬」(ドーパミンを増やして刺激して、元気を出させる)
「睡眠薬」
「気分調節薬」

うつ病患者の方は睡眠障害、不安、緊張、気分変調などの症状があります。

そのため抗うつ薬にあわせて、本人が訴える症状に応じて薬が処方されます。

睡眠障害といっても、入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒などいろいろなタイプがありますので、その症状にあった睡眠薬が処方されます。

スポンサードリンク

このページの先頭へ