精神科ではどのような病気を扱うのか

精神科は、心の病気を診断して治療を行うところです。

うつ病はもちろんのこと、そううつ病、統合失調症などの治療も行います。

不眠症、恐怖症、摂食障害なぢの神経症と呼ばれていた病気も、今は精神科の対象となっています。

精神科の特徴をまとめると、次のようになります。

・うつ病、統合失調症、依存症などを扱う。
・神経症、不眠症、ストレス症状も扱う。
・脳病、認知症などの治療も行う。

うつ病で治療したいと思ったら、精神科へ受診すれば大丈夫でしょう。

心療内科ではどのような病気を扱うのか

心療内科とは、ストレスなどから生じた身体の疾患を診察し、治療します。

精神科との違いがわかりにくいですが、うつ病とよく似ている心身症は心療内科で治療します。

心身症とは、うつ病のように気分が落ち込んで何もやる気が出ないわけではないのですが、特定のことを心配しすぎたりすることがストレスになって、過呼吸、動悸、ぜんそく、胃かいようなどの症状が出る病気です。

心身症はうつ病とよく似た症状が出るのですが、うつ病とちがってすべておいてやる気が出ない、という病気ではありません。

何か特定のことを極端に思い詰めることで、身体に不調な症状がでることを「心身症」というのです。

このような状態を治療するのが、心療内科です。

ただ心身症とうつ病は区別がつきにくいため、心療内科でうつ病と診断されても、そのまま治療は行ってくれます。

うつ病の自覚があるかないかよくわからないが、何かを思い詰めることで身体に不調を感じた場合は、心療内科を受診しましょう。

心療内科の特徴をまとめると、次のようになります。

・過呼吸、動悸、ぜんそく、胃かいようなどの心身症を扱う
・うつ病と診断された場合も、治療を行ってくれる

身体の不調が原因不明の場合、まずは心療内科を受診してみるとよいでしょう。

神経科、神経内科

神経科、神経内科では、脳や脊髄、末梢神経に起きた障害を内科的に治療します。

いわゆる神経痛や頭痛、パーキンソン病、アルツハイマー、脳炎などを扱います。

最近は「精神・神経科」となっているところもあり、うつ病の診察と神経内科的な治療を同時に行うところもあります。

また「精神科、神経科、心療内科」を複合してすべてを同時に扱って治療している病院もあります。

どのような病院にかかるべきか

どんな病気にもいえることですが、いきなり大病院に行くのではなく、近所の個人医院から行くとよいでしょう。

精神科クリニック、メンタルクリニック、心療内科という看板を掲げた、精神科専門の個人医院から始めてみましょう。

そして医師との相性が良くなかったり方針に疑問を感じた場合は、もう少し大きな総合病院の精神科や心療内科を受診しましょう。

もちろん、日頃から地元の総合病院をかかりつけ病院にしていたのなら、その病院の精神科や心療内科を受診してよいでしょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ